【え?本当?】ホワイトチアシードのデメリットとメリット

ホワイトチアシードはダイエットの効果が高いと注目を浴びていますが、実はダイエットに良い面だけではなくデメリットもあるということをご存知でしょうか?

そのデメリットとは、

  • 摂取し過ぎると、お腹が緩くなってしまうということ
  • 食品であるために管理の方法が悪いとカビが生えるなども問題が生じる
  • 無味無臭などのそれ自体だけを摂取することは難しい、何かの食品などに混ぜる必要がある
  • 食物繊維が豊富なので、摂取し過ぎるとほかの栄養バランスが崩れる可能性がある

をあげることが出来ます。

つまり、チアシードはダイエットに非常に効果的な食物繊維などを豊富に含んでいるけれど、その摂取の量や方法を間違えると身体のバランス悪影響もあるということなんですね。

またそれ自体では摂取しずらいので、料理に取り入れたり、スムージーに入れるなど、少しレシピを工夫する必要もあるのです。

ではこれらを改善するためにはどんなことに気を付けるといいのでしょうか。

それはまず適量をとるということです。そして様々な調理法に使用してみるということです。

 

ここにホワイトチアシードのメリットをまとめてみました。

  • スプーン一杯で、脂肪酸やタンパク質、食物繊維やマグネシウム、鉄など豊富な栄養素が含まれているので、その量を守るということ。これにより便が緩くなるという副作用を避けることが出来ます。
  • ホワイトチアシードは水に浸すと約10倍に膨らむという性質を生かして、食事前に膨張したホワイトチアシードを摂取、そして食事の食べ過ぎを防ぐというダイエットに効果的な方法をとることが出来ます。
  • 無味無臭であるという点を生かしていろんな料理に使用してみることが出来ます。つぶつぶ間に抵抗がなかったら、料理の上に振りかけて食べることも良いでしょう。またスムージーなどに入れてあらかじめホワイトチアシードを膨らませておくことも可能です。

以上のメリットを考慮すると効果的にダイエットを進めていけるのではないでしょうか。大切なのは正しい量を継続して摂取するということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です